異常気象のメカニズムと予測可能性を研究しています
新着情報

メンバー

塩崎さん研究発表講演会で優秀発表賞受賞

2017年2月21〜22日に行われた平成28年度研究発表講演会で,M2の塩崎公大さんが優秀発表賞を受賞しました。 発表題目は ENSO時の熱帯海面水温偏差と日本の冬の天候 です。おめでとうございます。

日本気象学会2016年度秋季大会

2016年10月26〜28日に日本気象学会2016年度秋季大会が名古屋大学で行われました。当研究室からの発表は以下の通りです。 B202 榎本剛,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三,山口宗彦,松枝未遠「2013年台風第 …

ベトナム・ハノイで開催されたワークショップ・スクールに参加

本研究室の学生2名と教員2名がベトナム社会主義共和国ハノイ市で開催されたワークショップ及びスクールに参加しました。

時長宏樹特定准教授が平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞

時長宏樹特定准教授が、平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。

2015年度メンバー

メンバーを更新しました。新しいメンバーは,塩崎公大さん(M1)と吉岡大秋さん(D1)です。

上田さん,山田さん卒業

上田学さん,山田賢さんが修士課程を修了されました。おめでとうございます。

野口さん研究発表講演会で2年連続優秀発表賞受賞

2015年2月23〜24日に開催された平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会で,野口さんの発表に対して優秀発表賞が贈られました。野口さんの受賞は平成25年度研究発表講演会に続き2年連続です。おめでとうございます。

榎本准教授に世界気象機関から感謝状

世界気象機関(WMO)は,世界天気研究計画(WWRP)の下で2005年から2014年までの10年間に渡り研究プロジェクトTHORPEX(観測システム研究・予測可能性実験)を実施してきました。その成果を総括するために201 …

時長宏樹特定准教授が着任

平成25年度白眉プロジェクトで,時長宏樹さんが採用され,弊研究室特定准教授として着任しました。 時長特定准教授の研究課題名は,「地球温暖化と自然変動の相乗効果による急激な気候変化の解明」です。

宮地哲朗さん卒業

宮地哲朗さんが修士課程を修了されました。 おめでとうございます。

1 2 »

アーカイブ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.