時長特定准教授・向川教授らが北極温暖化に関する論文を発表

時長宏樹白眉センター特定准教授、向川均防災研究所教授、 Shang-Ping Xieカリフォルニア大学スクリプス海洋研究所教授の日米共同研究グループは、最新の観測データベースと地球規模の大気や海洋の動きのシミュレーションを用いて、20世紀前半の北極圏温暖化を再現することに成功しました。20世紀前半の北極圏温暖化は現在の気候変化に伴う北極圏温暖化とは異なり、温室効果ガスの影響が小さく、海氷の融ける量も少なかったという特徴があります。そのため、気候に内在する何らかの自然変動が原因であると考えられてきましたが、メカニズムは不明でした。今回の研究を通して、熱帯太平洋や北大西洋といった北極から比較的離れた海域の海面温度上昇が大気の動きに影響を与え、地表付近の熱を北極圏へ運ぶことで温暖化が加速することが分かりました。

論文は2017年5月31日 (日本時間)、米国科学アカデミー紀要(PNAS)にオンライン掲載されました。詳細はこちらからご覧ください。

Tokinaga, H., S.-P. Xie, and H. Mukougawa, 2017: Early 20th-century Arctic warming intensified by Pacific and Atlantic multidecadal variability, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, doi:10.1073/pnas.1615880114

20世紀前半に起こった北極圏温暖化の模式図

日本気象学会2016年度秋季大会

2016年10月26〜28日に日本気象学会2016年度秋季大会が名古屋大学で行われました。当研究室からの発表は以下の通りです。

  • B202 榎本剛,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三,山口宗彦,松枝未遠「2013年台風第3号Yagiの予報実験」
  • P319 吉岡大秋,榎本剛「アンサンブルダウンスケール実験による台風発生メカニズムに関する解析―2016年ハリケーンPALIの事例―」

img_0003

榎本准教授に世界気象機関から感謝状

世界気象機関(WMO)は,世界天気研究計画(WWRP)の下で2005年から2014年までの10年間に渡り研究プロジェクトTHORPEX(観測システム研究・予測可能性実験)を実施してきました。その成果を総括するために2014年11月17〜18日にジュネーブで開催されたTHORPEX国際中核運営委員会(榎本准教授は不参加)において,THORPEXに対して顕著な貢献をした約200名(うち日本人12名)に感謝状を授与しました。榎本准教授は,一人として選ばれました。

榎本准教授の話

会合に出席された気象庁の方から感謝状を郵送していただきました。思いがけない感謝状を,大変うれしく思います。研究者として駆け出しの頃に東京で開催された国際会議に参加した際,THORPEXの提案者の一人Mervin A. Shapiro博士と出会いました。THORPEXは,予測可能性の限界に取り組む研究計画で,數値気象予報を社会に活かしていこうしていて,国際協力や現業予報機関と大学・研究機関との連携を重視しているとの説明を受け,その趣旨に共感しました。Shapiro博士は,地球シミュレータ用大気大循環モデルAFESで行った超高解像度(10 km,当時としては超高解像度)シミュレーションに興味を持ち,地球規模で連鎖する局地的な顕著現象を再現できると期待したようです。日本気象学会にTHORPEX研究連絡会を設立することを提案したり,中欧に歴史的な洪水をもたらした切離低気圧や日本に猛暑をもたらした高気圧のシミュレーション研究などに取り組んだりしてきました。THORPEXをきっかけとして,この10年間でデータ同化や予測可能性が,日本でも研究対象として認知されてきたと思います。今後もこの分野の研究に一層努力して取り組みたいと思います。

参考

  • WMO (World Meteorological Organization) 世界気象機関。国連の機関の一つ。気象庁による説明
  • THORPEX (The Observing System Research and Predictability Experiment) 観測システム研究・予測可能性実験。數値天気予報の予測精度向上とその高度利用を目的とした研究計画
  • AFES (Atmospheric General Circulation Model for the Earth Simulator) 地球シミュレータ用大気大循環モデル