異常気象のメカニズムと予測可能性を研究しています
新着情報

受賞

塩崎さん研究発表講演会で優秀発表賞受賞

2017年2月21〜22日に行われた平成28年度研究発表講演会で,M2の塩崎公大さんが優秀発表賞を受賞しました。 発表題目は ENSO時の熱帯海面水温偏差と日本の冬の天候 です。おめでとうございます。

野口さん研究発表講演会で2年連続優秀発表賞受賞

2015年2月23〜24日に開催された平成26年度京都大学防災研究所研究発表講演会で,野口さんの発表に対して優秀発表賞が贈られました。野口さんの受賞は平成25年度研究発表講演会に続き2年連続です。おめでとうございます。

榎本准教授に世界気象機関から感謝状

世界気象機関(WMO)は,世界天気研究計画(WWRP)の下で2005年から2014年までの10年間に渡り研究プロジェクトTHORPEX(観測システム研究・予測可能性実験)を実施してきました。その成果を総括するために201 …

野口さん研究発表講演会で研究奨励賞を受賞

2014年2月27〜28日に開催された平成25年度京都大学防災研究所研究発表講演会で優秀発表賞並びに研究奨励賞を受賞しました。 優秀発表賞は,昨年度までの奨励賞を改称したもので,防災研究所の大学院生,博士研究員,研修員の …

向川教授が日本気象学会賞を受賞

日本気象学会は, 向川教授が2013年度日本気象学会賞の受賞者に決定したことを2013年3月21日に発表しました。気象研究所の黒田友二主任研究官との共同受賞です。

アーカイブ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.