向川 均

京都大学 防災研究所 気象・水象災害研究部門 災害気候研究分野 ・教授

自己紹介

これまでは,中高緯度域における異常気象の主要な原因と 考えられているブロッキング現象に代表されるような,大規模な大気循環場の 変動の力学とその予測可能性を解明すべく,簡単な大気力学モデル,あるいは 大気大循環モデルを用いた数値的研究や,大気運動の非線型性に着目した理論 的研究を行ってきました.最近では,中高緯度域における,偏西風ジェット気 流や低気圧活動が盛んな領域であるストームトラックの形成といった,気候場 の形成問題についても研究を進めています.また,気象庁数値予報モデル結果 を用いて,成層圏突然昇温現象の予測可能性なども調べており,現実大気の振 る舞いにも大変興味があります.今後は,このような基礎的研究をもとに,地 球温暖化に伴う気候変動や異常気象の実態解明や,そのメカニズムおよび予測 可能性の解明といった,より社会的要請と直結するような研究も行っていきた いと考えています.

北海道大学 大学院地球環境科学研究科 旧研究室ホームページ(稲津 將 博士作成)
研究概要(平成13年度版 北大地球環境での指導教官を選択 する際の参考文書)
履歴書(2014年12月7日更新; pdf)
研究業績一覧(2017年3月30日更新; pdf)
近影

キャンパス公開2003ポスター 最終版 (2003.8.20)
キャンパス公開2003チラシ 最終版 (2003.8.20)
キャンパス公開2003パンフレット 最終版 (2003.8.20)
キャンパス公開2003 宇治キャンパス入口 電飾掲示 最終版(2003.8.25)
キャンパス公開2003おまけ (宇治構内地図: 有限会社レイプリンティング作成) (2003.8.20)


問い合わせ