トレーサ移流に関する共著論文2編

球面上のトレーサ移流に関する共著論文2編が出版されました。

Kashimura et al. (2013) SOLA

トレーサ移流で問題になる負値を防ぐために, arcsinフィルタを用いることを提案しています。

  • Kashimura, H. T. Enomoto and Y. O. Takahashi: 2013: Non-negative filter using arcsine transformation for tracer advection with semi-Lagrangian scheme. SOLA9, 125—128, doi:10.2151/sola.2013-028.

Laurizen et al. (2014) Geosci. Model Dev.

二十面体,立方体,緯度経度など様々な球面上の離散化手法を用いたモデルにおいて,トレーサの水平移流の相互比較を行っています。榎本准教授が考案したスペクトル双3次内挿は,解像度を変えた収束性のテストから計算される実効解像度や混合特性の指標等から精度の高い手法であることが示されています。

Discussion paperは2013/9/23に出版されていましたが,2014/1/14にGeosci. Model Dev.に出版されました。

  • Lauritzen, P. H., P. A. Ullrich, C. Jablonowski, P. A. Bosler, D. Calhoun, A. J. Conley, T. Enomoto, L. Dong, S. Dubey, O. Guba, A. B. Hansen, E. Kaas, J. Kent, J.-F. Lamarque, M. J. Prather, D. Reinert, V. V. Shashkin, W. C. Skamarock, B. Sørensen, M. A. Taylor, and M. A. Tolstykh, 2014: A standard test case suite for two-dimensional linear transport on the sphere: results from a collection of state-of-art schemes. Geosci. Model Dev.7, 105—145, 10.5194/gmd-7-105-2014.