時長特定准教授・向川教授らが北極温暖化に関する論文を発表

時長宏樹白眉センター特定准教授、向川均防災研究所教授、 Shang-Ping Xieカリフォルニア大学スクリプス海洋研究所教授の日米共同研究グループは、最新の観測データベースと地球規模の大気や海洋の動きのシミュレーションを用いて、20世紀前半の北極圏温暖化を再現することに成功しました。20世紀前半の北極圏温暖化は現在の気候変化に伴う北極圏温暖化とは異なり、温室効果ガスの影響が小さく、海氷の融ける量も少なかったという特徴があります。そのため、気候に内在する何らかの自然変動が原因であると考えられてきましたが、メカニズムは不明でした。今回の研究を通して、熱帯太平洋や北大西洋といった北極から比較的離れた海域の海面温度上昇が大気の動きに影響を与え、地表付近の熱を北極圏へ運ぶことで温暖化が加速することが分かりました。

論文は2017年5月31日 (日本時間)、米国科学アカデミー紀要(PNAS)にオンライン掲載されました。詳細はこちらからご覧ください。

Tokinaga, H., S.-P. Xie, and H. Mukougawa, 2017: Early 20th-century Arctic warming intensified by Pacific and Atlantic multidecadal variability, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, doi:10.1073/pnas.1615880114

20世紀前半に起こった北極圏温暖化の模式図