平成29年度 気象庁モデル開発者特別研修(前期)

6月19~21日に開催されました気象庁モデル開発者特別研修(前期)にD1 塩崎くんが参加しました。

この研修は気象庁職員のための研修ですが、今回から大学や研究機関からの聴講生の参加が認められるようになりました。この研修(前期)では、データ同化やアンサンブルの手法や、現業で用いられている数値予報モデルについての講義がされました。

以下、塩崎くんからの報告

このようなモデルの詳細を網羅する講義はなかったので、この研修に参加できたことは大変貴重で、博士課程での研究活動の基礎となると思います。9月に後期の講義が予定されており、次回はさらに詳しい講義がされるそうですので、今から楽しみです。ちなみに、研修期間中のお昼ご飯はOBの宮地さん(13年度修了)、上田さん(14年度修了)、山田さん(14年度修了)と一緒に食堂で食べました。

ICTP/ECMWF/Univ. L’Aquila Workshop on OpenIFS

6月5~9日にイタリアのトリエステで開催されたICTP/ECMWF/Univ. L’Aquila Workshop on OpenIFS にD1 塩崎くんが参加しました。

このワークショップはECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の季節予報モデル OpenIFS の研修及びOpenIFSを用いた研究やENSOやテレコネクションについての研究の口頭・ポスター発表が行われました。

以下、塩崎くんからの報告

海外に初めて一人で行くことになったので、不安もありましたが何とか乗り切りました。ワークショップではポスター発表をさせて頂き、同じ分野の方々から貴重な意見や質問を頂けたので良かったと思います。このワークショップで得た経験と知見を今後の研究活動に活用していきます。

時長特定准教授・向川教授らが北極温暖化に関する論文を発表

時長宏樹白眉センター特定准教授、向川均防災研究所教授、 Shang-Ping Xieカリフォルニア大学スクリプス海洋研究所教授の日米共同研究グループは、最新の観測データベースと地球規模の大気や海洋の動きのシミュレーションを用いて、20世紀前半の北極圏温暖化を再現することに成功しました。20世紀前半の北極圏温暖化は現在の気候変化に伴う北極圏温暖化とは異なり、温室効果ガスの影響が小さく、海氷の融ける量も少なかったという特徴があります。そのため、気候に内在する何らかの自然変動が原因であると考えられてきましたが、メカニズムは不明でした。今回の研究を通して、熱帯太平洋や北大西洋といった北極から比較的離れた海域の海面温度上昇が大気の動きに影響を与え、地表付近の熱を北極圏へ運ぶことで温暖化が加速することが分かりました。

論文は2017年5月31日 (日本時間)、米国科学アカデミー紀要(PNAS)にオンライン掲載されました。詳細はこちらからご覧ください。

Tokinaga, H., S.-P. Xie, and H. Mukougawa, 2017: Early 20th-century Arctic warming intensified by Pacific and Atlantic multidecadal variability, Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, doi:10.1073/pnas.1615880114

20世紀前半に起こった北極圏温暖化の模式図

異常気象研究会2016を開催

2016年11月8〜9日,京都大学防災研究所一般研究集会 (28K-08) 東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会を開催しました。気象庁,大学,研究機関,民間気象会社などから参加者53名にお集まりいただき,26件の講演を頂戴しました。

当研究室からも教員3名,学生2名が研究成果を発表しました

dsc04403

向川教授の惑星規模波の下方伝播に関する講演を聞く参加者。

dsc04401

時長准教授は北極圏温暖化について講演。

dsc04421

竹村氏(気象庁気候情報課)はEU・PNAパターンについて講演。

dsc04422

吉田氏(JAMSTEC)は北太平洋低気圧活動について講演。

dsc04420

塩崎君によるエルニーニョについての発表。

 

日本気象学会2016年度秋季大会

2016年10月26〜28日に日本気象学会2016年度秋季大会が名古屋大学で行われました。当研究室からの発表は以下の通りです。

  • B202 榎本剛,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三,山口宗彦,松枝未遠「2013年台風第3号Yagiの予報実験」
  • P319 吉岡大秋,榎本剛「アンサンブルダウンスケール実験による台風発生メカニズムに関する解析―2016年ハリケーンPALIの事例―」

img_0003