研究室紹介

気象学を基礎として、大気組成の変化や、大気や海洋の循環変動による異常気象・異常天候の発現過程や予測可能性、気候変動とその機構を解明することを目指し、大気大循環モデルや領域気象モデルなどの大気モデルを用いた数値実験や、長期間の気象海洋観測データ、さらには現業アンサンブル数値天気予報データの解析などにより研究を進めています。主な研究課題は、以下のとおりです。

  • 大気大循環の変動に伴う異常気象・異常天候の発生過程や予測可能性
  • 成層圏と対流圏、熱帯と中高緯度との結合変動過程
  • 大気組成の変化とその気候及び災害への影響
  • 様々な階層の気候モデル及びデータ同化手法の開発

本分野は、理学研究科地球惑星科学専攻の協力講座で、大気科学分科に属しています。

記事一覧

RAII

我々の大気大循環モデルは,並列コンピュータで動作するように作られています。並列コンピュータは複数のコンピュータをネットワークで接続したものです。複数のコンピュータに計算を割り当てて,計算を速く終わらせようというわけです。 …

留守居拝命

向川教授の理学研究科に伴い,准教授榎本が留守居役を勤めることになりました。 教授不在の研究室となりますが,他の先生方のお力添えを頂いてなんとか研究室運営に努めたいと思います。 教育面では,全学共通科目「環境学」や大学院科 …