時長宏樹特定准教授が平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞

時長宏樹特定准教授が、平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。

時長特定准教授の話。

この度は大変栄誉ある文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞することができ、誠に光栄に存じます。学生時代から一貫して取り組んできた気候変動や気候変化に影響を及ぼす大気海洋相互作用の研究が高く評価されたことを大変嬉しく思います。大気海洋相互作用の理解は、長期的な気候変化の診断や将来予測の不確実性低減にとって不可欠な研究であり、観測データ解析や数値モデル実験など多角的なアプローチが必要です。その中で本研究が評価されたことは、これまでの様々な共同研究者のご協力とご支援の賜物であると深く感謝すると同時に、今後もより一層の努力と精進を重ねて、気候に対する大気海洋相互作用の役割に関する研究に取り組んでまいりたいと思います。