集中講義 赤道波

2017年9月4〜5日,東京学芸大学の松田佳久名誉教授に以下の内容で集中講義をしていただきました。

吉岡君の感想

赤道波の基礎を丁寧に解説していただきました。長時間に渡り,数式を板書する姿に感銘を売れました。

日時

9月4日(月)13:30〜17:00・ 5日(火) 10:00~17:00

場所

京都大学宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 N-371A 防災研・農学研究科共通講義室

講義内容:赤道波

まず、球面状の3次元の流体力学の方程式を変数分離し、水平構造方程式(浅水方程式系)と鉛直構造方程式を得る。赤道ベータ面上の浅水方程式系を解くことにより、ケルヴィン波など全ての種類の赤道波を求め、その性質を議論する。特に、長波近似についても説明する。

参考文献:

  • 気象学入門: 基礎理論から惑星気象まで 東京大学出版会
  • 惑星気象学入門――金星に吹く風の謎 (岩波科学ライブラリー)
  • 惑星気象学 東京大学出版会

金星大気観測データ同化に関する論文

金星大気の観測データを大気大循環モデルAFESに同化するシステムに関する論文(榎本准教授が共著)が掲載されました。

  • Sugimoto, N., A. Yamazaki, T. Kouyama, H. Kashimura, T. Enomoto and M. Takagi: Development of an ensemble Kalman filter data assimilation system for the Venusian atmosphere. Sci. Reports, doi:10.1038/s41598-017-09461-1.
  • プレスリリース(慶應義塾大学)

異常気象研究会2016を開催

2016年11月8〜9日,京都大学防災研究所一般研究集会 (28K-08) 東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会を開催しました。気象庁,大学,研究機関,民間気象会社などから参加者53名にお集まりいただき,26件の講演を頂戴しました。

当研究室からも教員3名,学生2名が研究成果を発表しました

dsc04403

向川教授の惑星規模波の下方伝播に関する講演を聞く参加者。

dsc04401

時長准教授は北極圏温暖化について講演。

dsc04421

竹村氏(気象庁気候情報課)はEU・PNAパターンについて講演。

dsc04422

吉田氏(JAMSTEC)は北太平洋低気圧活動について講演。

dsc04420

塩崎君によるエルニーニョについての発表。

 

日本気象学会2016年度秋季大会

2016年10月26〜28日に日本気象学会2016年度秋季大会が名古屋大学で行われました。当研究室からの発表は以下の通りです。

  • B202 榎本剛,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三,山口宗彦,松枝未遠「2013年台風第3号Yagiの予報実験」
  • P319 吉岡大秋,榎本剛「アンサンブルダウンスケール実験による台風発生メカニズムに関する解析―2016年ハリケーンPALIの事例―」

img_0003